ヒンメルカレッジとは

情報を正しく理解し、知識に変換し、行動していきましょう。 

自分自身を知り、どんな社会をつくりたいかを一緒に考えましょう。

こんな方におすすめ

  • 将来を見据えて、行動する習慣を身に付けたい方

  • コミュニケーションスキルを学び、大切な人との関係をよりよくしたい方

  • 環境の変化や災害に備える力をもちたい方

講師紹介

Kimiharu Saita

1975年生まれ 北海道大学で海洋気象学を専攻し、在学中に気象予報士資格を取得。 防災士。危機管理士1級。 星空案内人。JLA認定ライフセーバー。 日本気象学会会員。日本災害情報学会会員。日本危機管理防災学会会員。 宇宙天気ユーザー協議会アウトリーチ分科会会長。 報道記者として、平成15年の台風第10号や十勝沖地震の被害をヘリコプターから中継するなど、悲惨な自然災害の現場を数多く取材。被害を伝えるだけでなく、未然に防ぎたいとの想いから気象の専門家の道へ。民間の気象会社で経験を積み、平成18年からNHKで気象キャスターを務める。 現在は「ニュースウオッチ9」に出演。連続テレビ小説「おかえりモネ」気象考証を担当。 平成30年には株式会社ヒンメル・コンサルティングを設立し、代表取締役を務める。ABLab宇宙天気プロジェクトマネージャ。 北海道から九州の一都一道二府四県に住んだ経験があり、日本各地の気象特性に詳しい。気象・防災・環境に関する出版や講演を通して、自然の「素晴らしさ」や「怖さ」、「変化」を伝えている。 著書に「新・いのちを守る気象情報」(NHK出版新書)、「知識ゼロからの異常気象入門」(幻冬舎)、監修に「天気のふしぎえほん」(PHP研究所)などがある。

Eiko Saita

1974年、長崎市生まれ
奈良女子大学大学院にて都市計画における住民参加に関する研究で博士号取得
2002年~2004年デンマーク政府奨学生等としてコペンハーゲン大学大学院政治学研究科客員研究員 2005年4月~2016年3月、熊本県立大学 環境共生学部 居住環境学科 准教授
大学では、都市計画、都市居住政策学、比較都市文化論、居住環境デザイン実習等を担当
2008年~2016年熊本学園大学経済学部非常勤講師(自治体経営論、まちづくり論)

三男児の母。2009年長男、2012年次男、2018年三男を出産。
2010年4月から夫婦の仕事の都合により、 子どもたちが乳幼児期の約6年間、熊本と東京(夫)をほぼ毎週末、往復する生活を送る。2016年4月に長男が小学校にあがることを機に 、これまでの仕事、生活についてとことん掘り下げる。「キャリアのセカンドステージ」は 家族の最大幸福の追求とともにある(ファミリーキャリア)と確信し、二拠点生活を解消、大学を退職し東京へ移動。

2016年4月~2017年3月、東京大学大学院(新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻)にて客員共同研究員として在籍。
2017年4月~2019年3月、明治学院大学(社会学部付属研究所)研究員。
2019年4月〜、中央大学法学部兼任講師(「都市政策論」)

「まちづくりはひとづくり」であり、成熟都市にふさわしい自立した個人を育む教育全般についても関心を寄せている。 コーチ、キャリアコンサルタントとしても活動

所属学会:日本都市計画学会、日本都市住宅学会、家族社会学会